2007年05月19日

未来キノコ野郎

17日、漂流教室の続きです。

未来の砂漠化した大地、食料と土地を求めて
人間同士が争う云う構図は
後年、「風の谷のナウシカ」でも描かれていますが
漂流教室の鋭いところは
ご都合主義にならない、というか展開が全く読めない上に
ちゃんと完結している点です。

唯一、女番長がどうやって生き延びたのかだけが気になる。

「14歳」を連載時に読んでましたが、
あれもぶっ飛んだSFでしたっけ。

読み返したいな。
タグ:楳図かずお
posted by Shaft at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

漂流教室

漂流教室を読破しました。

評判の悪い映画版はみたことあったのですが
漫画は読んだことなかったス。

これって、ぶっ飛んだ設定のSFだったんですな。
たくさんの小学生がこれでもかってくらい犠牲になります。

武器の効かない怪物、凶暴な未来生物が次々と襲ってきますが
最も恐ろしいのは正気を失った彼らの内部抗争です。

あらら、時間がないので続きは夜にでも。

続き:
タグ:楳図かずお
posted by Shaft at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

涼感ぱたた

湿気の多い日が増えてきたので
掃除中に出てきた団扇が手放せません。

現在の主流は骨組みがプラ製のモノ。
やきとり屋さんの使ってたのは大きな竹製だったな。

団扇

スーパーの袋詰めをする人をサッカー、レジ袋はタフレンと呼ぶそうです。
そのサッカーを漫画化するという力技の短編『サッカー列伝』を
読んだのですが、なかなかに奥深いな、と感心。
『任侠乙女学園』も同じく力技ながら小道具が光る一品。

土台、カベ、ヤネか・・・やってみよう。
posted by Shaft at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

この世のいや果て

埋設工事の影響で時々パソコンが使えないので
本でも読むかと漁っていたトコロ、”黒塚”が出てきました。

書籍サイズは高くて買えないので文庫版。
買った事もすっかり忘れていたので黙々と読み始めると
10ページ程で、すんごい眠気。
続きを読む
タグ:黒塚
posted by Shaft at 00:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

奇跡の隙間

かなり前に読んだ『へんないきもの』に続編が!
しかし、前作が踏み込みの甘い内容だったので多分買わない。

トゲトゲ

世界には良く分からない昆虫がたくさん棲息していますが
コレはダントツじゃないかと。
スクロールさせると下にいるクモは既に宇宙怪獣っぺぇ。

このサイトには大好きなミミックオクトパスも紹介されてました。

サイトのトップは此処 → BOGLEECH.COM
posted by Shaft at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする
ブログパーツwww.protent-obrenovac.com