2015年01月23日

福岡市美術館/成田亨展

2015年1月20日。晴れ。
JRと西鉄バスを乗り継いで、やってきました美術館。
入り口でピグモンがお出迎え。

IMG_2482-.jpg
この大きなポスター欲しい・・・。



IMG_2483-.jpg
オブジェのあるこちらから入館したんよ。

展示物はウルトラマンからスタート。
つけペンを使ったシャープな線に「おぉーッ!」っと声が出ちゃった。
ふつうの画用紙・マーメイド紙に着色は透明水彩&ポスカラかな。

ギャンゴのデザイン画はスーツよりトゲが多く格好よかったなー。
Cタイプのマスクは見る機会は最初で最後でしょうからじっくり観察。

セブンは制服やセットのデザインまで担当されてたので凄まじい量でした。
その影響か画材がボールペンになり、紙はなぜかアニメの作画用紙がチラホラ。
準備期間は半年ほどだったのだろうか・・・殺人的スケジュール。

ヒューマンのマスクは書籍にあった通りステンレス製で
えらくコンパクトな造りでした。ちょっと被るのは痛そう・・・。

バンキッドのブキミ星人コーナーは圧巻。未視聴なので名前が覚えられなかったけど。
ネクストは図録だと茶系に見えますがゴールド!絵の具がゴールド!

西洋の怪物と日本の妖怪の展示はカルドセプトの知識じゃ足りないくらい膨大でした。
2回に分けていいくらい。
ラストは鬼のオブジェ。酒呑童子と星熊童子と、もう一体(忘れちゃった)が巨大。
素材はFRP製ですが結構な重さになりそう。

IMG_2485-.jpg
ヒューマンに登場したブランカー。出口にあったこれだけ撮影OKでしたー。



IMG_2488-.jpg

IMG_2490-.jpg
売店の横にはまたしても大きなポスターが。
カラータイマーは当然、ありませんぜ。

IMG_2491-.jpg
舞鶴公園を横切って帰路につきました。
時間を忘れて鑑賞してしまい(11時入館 → 13時30分)腰痛が出ましたんや。


ヒューマンサインを回そう 成田亨の回顧展

■「成田亨展」人気の秘密■


ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:特撮美術
posted by Shaft at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 怪獣 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412797527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツwww.protent-obrenovac.com