2009年07月30日

宇宙へのかけ橋

タコ型宇宙人では人々の失笑を買うようになって用意された
次のイメージがグレイタイプです。

エイリアン・グレイ

XファイルやID4、MIBといった作品で活躍してましたね。
アウターリミッツが元ネタのようですが映像的には未知との遭遇からでしょう。

怪獣デザイナーの成田亨は『宇宙人はもっと素敵な姿をしている』と言及し
グレイのデザインは気に食わなかったと何かで読みました。
カルドセプトではステキなんだけどなぁ。

UFOスペシャル

宇宙人の正体が未来人というのはアウターリミッツまんまだし、
超科学のエイリアンクラフトに円形の窓があるのは古臭いし、

矢追さん・・・
グレイに代わる新しい宇宙人&UFO像が欲しかとです・・・。

レプティリアン:
未知との遭遇:
アウターリミッツ:

【UHA味覚糖 コレクト倶楽部 エイリアン・グレイ】


にほんブログ村 テレビブログへ


posted by Shaft at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 超常・怪奇 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グレイタイプって、なんとなく無機質な感じが逆に想像力をかきたてるというか..
別バージョンというなら、もう人間そっくりでいいや、そっちのほうが地味にミステリアスだし
ついでにN澤氏に住民票見せてもらいたいのう
Posted by RH at 2009年07月31日 00:36
銀色で、目が尖ってて、無機質な要素を内包したデザイン・・・
フゥルァア、ピコンピコンピコンピコン、ヘアッ!

ニラちゃんの調査はナイトスクープに依頼のおハガキを。
Posted by Shaft at 2009年07月31日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツwww.protent-obrenovac.com
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。